ホーム » 食習慣 » 食事制限なしで痩せる方法を釣り無しで考えてみた。

食事制限なしで痩せる方法を釣り無しで考えてみた。


スポンサードリンク

 

ダイエットは運動1割、食事9割』なんていう本も出る中で、運動だけでダイエットをするのはかなり非効率的なのがわかってきました。

 

そこで食事制限をしつつ痩せるというのが主流になったわけですが、食事制限なしで痩せる方法はないものかを真剣に考えてみましたのでシェアします!

 

151202gaman

 

 

食事制限なしダイエットは夢か幻か?

最初にハッキリと言っておきますが、食事制限なしで痩せる、ダイエットをするというのはかなり難しいです。もちろん今あなたが何キロあって、何キロまで落としたいかにもよりますがね。

 

あ、食事制限という言葉は好きではないので私の場合は食習慣を変えるっていうほうがしっくりくるのですが。

 

まあ言葉の問題はともかく冒頭でご紹介した本のタイトルにもあるように、40代男性がボディメイクをする時に、私がまず必要だと考えていることが痩せる(体重を落とす)ことです。

 

ウェイトロスをした上で筋トレなどで鍛え始めれば、過去の経験から故障につながりにくいボディメイクが可能になります。

 

そしてウェイトロスを考えた時に一番効率的なのは、やっぱり食事制限です。30代~40代になって食事制限なしに痩せることは至難の業ですし、逆に内臓脂肪などは食事を制限することでダイエット効果が現れやすいです。

 

ということを最初にお伝えしておきますね。

 

なので、このシェアは食事制限なしで痩せる方法というよりは、痩せる上で食事制限以外で必要なことというタイトルのほうがふさわしいですかね。タイトル自体が釣りになったみたいでスミマセン。

 

でも知っておいて損はないと思いますので一通り読んでみてください。

 

 

「食事制限なし」の釣りの例

前置きが長くなりましたが、まず食事制限なしで痩せると聞いたらあなたは何を思い浮かべますか?

 

試しに先ほど「食事制限なしで痩せる」とか「食事制限なしダイエット」とかで調べてみたいんですよ。そしてら出てくるわ、出てくるわ、釣りサイトが(笑)

 

食事制限なしで痩せるとタイトルに入っているのですが、実態は

 

  • 糖質だけを制限してあとは何でも食べていい
  • GI値を抑えるために最初に食物繊維が多い野菜等から食べる
  • 食べる時間を8時間に制限する8時間ダイエット

 

などなどの情報が多かったです。

 

中には「食べない」などという論外なものもありましたが、まあ上記に上げた3つを見てもわかるように、基本的には痩せるためには何らかの食事制限をするのが現実的ということです。

 

え、結局まだ前振りじゃんって?そうなんです。何故かと言うと、この記事では

 

「食制限なしで痩せるのは合理的ではない」

 

ってことをお伝えしたかったから!!

 

何はともあれ、適度に痩せるためには食事制限をするのが一番合理的なのです。

 

私の仕事はライターです。ライターの中でもコピーライターは購入者に都合のいい(耳障りのいい)言葉を連呼して商品を購入させようとします。

 

ところが、どんなメソッドでも基本的には王道を行くのが一番近道なことが多いですね。つまり痩せること、ダイエットで言えば適度な運動と食生活の改善です。

 

なので私もコンプレックス解消、モテボディの構築を目指してコツコツと頑張っている最中でもあるのですが・・・

 

さすがに、ここまで読んでくれたのに食事制限なしで痩せる方法の一つもご提示できないのは読ませ詐欺と言われてしまいますので、あることをご紹介しますね。

 

 

ゴールデンタイムに睡眠することで分泌される魔法のホルモン!

食事に一切関係ないダイエット法です。これだったら食事制限なしでOK!

 

それは

 

睡眠の質を高めること

 

具体的には長さとしての睡眠時間はもとより、何時から何時まで寝るのがいいのかを知るということです。

 

睡眠時間については個人差がありますが、ダイエット効果だけではなく、あなたの仕事その他のパフォーマンスを考えても最低6時間は確保したいところです。あまり寝過ぎるのもよくないらしく、6時間~8時間で一番スッキリする時間を選ぶといいと思います。

 

ただしココでお伝えしたいのは睡眠の絶対時間ではなくて何時から何時までの間に睡眠しているかです。

 

答えを先に行ってしまうと、痩せるためにぜひ取り組んで欲しいのが22時から翌2時までの間に寝ているということです。

 

この22時から2時までのことを、よく睡眠のゴールデンタイムと言ったりします。なぜ睡眠のゴールデンタイムと言われるかですが、それはこの時間に寝るとある成分が分泌されるからなんです。

 

ズバリ・・・「成長ホルモン

 

これです。

 

成長ホルモンは、下垂体という脳の一部から分泌されるものなんですが、この成長ホルモンの働きにより痩せるために効果的な3つの役割がおこります。

 

  • 中性脂肪を分解させて体脂肪を除去する役割
  • 基礎代謝を促し痩せやすい体質を形成する役割
  • タンパク質の合成を促し筋肉を発達させる役割

 

最後の筋肉を発達させる役割は加齢とともに減少していきますし、青年期まで盛んだった骨を伸ばす役割、すなわち身長を伸ばす役割は我々の年代ではもはや期待できないでしょう。

 

でも、成長ホルモンの分泌を促すことにより、若返りが図られることは事実だと言われています。本当のところは未だわからないでしょうが、我々は現在ベストとされる理論を信じるしか今のところ方法は無いですよね。

 

22時に寝るというのはなかなか難しいかもしれませんが、だったら0時前に寝るとか、今まで明け方に寝ていたのであれば遅くとも2時前には寝るというように徐々に生活習慣そのものを変えていってはいかがでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク
カテゴリー