ホーム » ダイエット » ウォーキングで痩せるのは効果的それとも非効率?

ウォーキングで痩せるのは効果的それとも非効率?


スポンサードリンク

 

ダイエットをしようと思ってウォーキングを始める人は多いと思います。

 

40代以上になると突然ジョギングをはじめたりする勇気も体力もないので、どうしても最初はウォーキングに取り組もうとするわけですが、果たしてウォーキングだけで痩せるものなのでしょうか?

 

というのが今回のテーマです。

 

あえて数値等まで出して語りませんが、私が調べたことをシェアしますね。

 

160606metabo

 

 

すぐに痩せたいなら食事制限が一番

 

「毎日20分のウォーキングだけで1ヶ月に3kgのダイエットに成功!」

 

私もコピーライターの端くれなので、こんなコピーが思いつくわけですが、さすがにここまでのキャッチコピーは最近みないですね(笑)

 

毎日20分のウォーキングだけで1ヶ月3kgのダイエット。

 

決して不可能とまでは言いませんが、おそらく難しいと思います。

 

もし1ヶ月で3kg痩せたいのであれば、一番手っ取り早いのは食事制限です。

 

やっぱり食べる量を減らすのが、短期的には一番痩せる方法と言えます。

 

当然、ただ食事制限をするだけでは痩せるだけですので、まったくおすすめはしないのですが・・・

 

つまり体脂肪だけが減るのではなくて筋肉量まで減ってしまうんですね。

 

今日は食事制限の話ではないので、食事制限についてあまり詳しい話はしません。

 

詳しくはこちらを参考にしてください。

 

参考:40代男性がダイエットを食事制限だけでやる意外に怖いデメリット

 

ということで、ウォーキングで痩せるというのはウソではないですが、実は効果的か?効率的か?と聞かれたら痩せることに主眼を置くならジョギングのほうが効果的ですし、効率もいいです。

 

詳しい理由についてはまた以前書いたこちらの記事を参考にしてください。

 

参考:どちらが痩せる!毎日ウォーキングと週3日ジョギング

 

ひとことで言えば、体脂肪の燃焼効率が違うんですよ。

 

ジョギングのほうが圧倒的に高いです。

 

それでも私は痩せるということを意識した時にウォーキングが全くダメだとは思っていませんし、むしろウォーキングから始めたほうが圧倒的にいいケースもあります。

 

 

効率を無視してもウォーキングから始めたほうが良いケース

 

大きく分けて3つの場合です。

 

元の体重が重い

線引が難しいところですが、体重によってはいきなりジョギングから始めたらダメです。

 

これは、ウォーキングから始めたほうがいいですよというレベルではなくて、ウォーキングからはじめなきゃダメです。

 

そうですね、基準としては、2~3分くらいもっとも遅いペースで走ってみて、次の日に膝とかの骨系に重さを感じるならウォーキングからやらないとダメでしょう。

 

明らかに筋肉痛のみだったらいい場合もありますが、ジョギングは着地する時の片足に体重の3倍の荷重がかかります。

 

決してムリはしないでください。すぐに膝を痛めますのでね。

 

40代以上

次は年齢的なものですね。

 

私の個人的な実感ですし、今の仕事が自宅で出来るデスクワークで、通勤すらしないというのもありますが、40歳を過ぎてから急激に体力が落ちたような気がします。

 

少なくとも30代なかばと比べたら圧倒的に体力がなくなったと思います。

 

※余談ですが43歳になって、ようやく飲んだあとの横浜家系ラーメンで胃が多少持たれるようになりました(笑)

 

なので、特に車通勤など、普段ほとんど歩きもしない場合には、いきなりジョギングから始めるのではなく、ウォーキングから入ったほうがいいですね。

 

運動習慣の有無

年齢の項でも少し触れましたが、普段、体を動かす習慣があるかないかによっても違います。

 

最近、運動をほとんどしていなかった場合には、やっぱりウォーキングから入ったほうが無難です。

 

ちなみに昔はバリバリ運動系の部活動をやっていたという場合も油断は禁物です。

 

40歳を過ぎたら全然体が動きませんから(汗)

 

ということで、上記の3つのパターンに当てはまる場合にはウォーキングから始めるメリットは有りますので、いくらジョギングのほうが痩せるスピードが早いとはいえ、無理せずウォーキングからはじめまませんか?

 

ちなみに上記の3パターンですが、すべて私が当てはまっていたものでございます!

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク
カテゴリー