ホーム » ダイエット » 糖質制限している時でもチーズはOK?チーズケーキだったら?

糖質制限している時でもチーズはOK?チーズケーキだったら?


スポンサードリンク

 

ダイエットにチーズと聞くと以前だったら絶対NGでしたよね?でも最近は事情が変わりました。なぜなら糖質制限がダイエットの主流になってきたからです。

 

そこで問題となってくるのがチーズに含まれる糖質。まあ私が話題にするくらいなので結論からいうと糖質制限ダイエットではチーズはOK食品なんですが、ではチーズケーキだったらどうなのか?

 

ここでは糖質とチーズにまつわるお話をしていきたいと思います!

 

151207cheese

 

 

MEC食ダイエットでもチーズを推奨

ところであなたはMEC食ダイエットってご存じですか?

 

それぞれ肉(Meet)、卵(Egg)、チーズ(Cheese)の頭文字を取ってMEC食というらしいのです。なんでも沖縄のお医者さんが考案されたとか?

 

ここでは細かい解説はしませんが、とにかく「積極的に食べましょう」というくらいチーズはダイエットに適した食品だということなんです。

 

MEC食の基本コンセプトは「積極的に高タンパク質、高脂質の食品を摂取しましょう」というものらしいです。

 

つまり三大栄養素でいえば、たくさん摂ってダメなのは糖質だけ。タンパク質と脂質は大いに摂取しましょうということですね。

 

なんかダイエットの話をしているとは思えないですよね(笑)成長期の食事の話をしているみたいです。もっとも成長期なら三大栄養素はバランスよく摂りましょうと習うか。

 

MEC食というのは、いささかPR用のキャッチーな言い方だとは思いますが、糖質制限との違いは、

 

「積極的に摂りましょう」

 

というのか、

 

「制限しましょう」

 

というのかの切り口の違いなのかなと思います。

 

ですから本質的には食べる順序などの細かいルールを抜かせば糖質制限ダイエットとMEC食ダイエットの大きな違いはないでしょうね。

 

実際糖質制限ダイエットでも、タンパク質や脂質を積極的に摂れとは言って無いと思いますが、どれだけ摂っても構いませんと言っていますし。

 

 

チーズの種類ごとに見る糖質量の違い

さて、MEC食の話はここまでにして、チーズの糖質がどれくらいなのかを種類別にシェアします。

 

※可食部100gあたりの糖質量

 

  • カマンベールチーズ(0.9g)
  • ブルーチーズ(1.0g)
  • プロセスチーズ(1.3g)
  • ゴーダチーズ(1.4g)
  • カッテージチーズ(1.9g)
  • バルメザンチーズ(1.9g)
  • クリームチーズ(2.3g)

 

とこんな感じなんですが、重量あたりの糖質量からいくと[葉物の野菜の糖質量]と大差無いですね(汗)

 

というかむしろチーズの方が低いくらいです。

 

 

レアチーズは食べても大丈夫?

151207cheesecake

 

以上、チーズ単独の糖質量を見てきましたが、いよいよレアチーズケーキの糖質についてです。というかレアでもレアでなくともあまり糖質は変わりませんので、要はチーズケーキの糖質量ですね。

 

※同じく100gあたりの糖質量

 

  • チーズケーキ(22g)

 

プロパーチーズとは一桁違いますね

 

ということで、大方の予想通り、チーズケーキを食べたら糖質制限が台無しになります。

 

ちなみにご飯(白米)は100gあたり37gほどですので、チーズケーキは約2分の3くらいの糖質となります。

 

チーズケーキだと3.5切れくらい食べるとご飯茶碗1杯分の糖質に相当します。※チーズケーキ1切れ70g、ご飯1杯55gで計算。

 

ケーキだけ食べるのならいいかもしれませんが、糖質の主食を食べた後のデザートとして食べたらやっぱり糖質過多になりますね。

 

 

チーズならいくら食べてもいいのか?

チーズそのものの糖質は野菜並みに少ないということはわかりましたが、それではいくら食べてもいいのでしょうか?

 

チーズは少し前に主流だったカロリー制限ダイエットではNG食品でしたよね。理由は高カロリーだからです。糖質では一番低かったカマンベールチーズでも310kcalありますから。そして脂質は24.7gです。

つまり結構な高脂質、高カロリー食品なんですね。

 

そう考えると、以前[糖質制限中でも脂質なら摂り過ぎても大丈夫?]でも書いたとおり、チーズも摂り過ぎはよくないと私個人は考えています。

 

 

まとめ

私たち40代男性がモテボディをメイキングするためには、柔らかい糖質制限で2~3ヶ月ほどかけて月2kgほどの減量をする。その後、高タンパク質食品を意識しながら有酸素運動と組み合わせつつ筋トレを行う。

 

これがベストだと思います。

 

運動も食事も40歳を超えたら急激な変化は禁物でしょう!

 

健康、安全にモテボディメイクを目指してコンプレックスを解消していきましょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク
カテゴリー