ホーム » ダイエット » 連続して20分有酸素運動をしなかったらダイエットに効かないは嘘?本当?

連続して20分有酸素運動をしなかったらダイエットに効かないは嘘?本当?


スポンサードリンク

 

ダイエット目的で有酸素運動をする場合に一番ネックになるのは時間の確保じゃないですか?

 

それというのも、連続して20分やらないと有酸素運動の脂肪燃焼効果はないと言われていたからでした。

 

ってことは20分未満の有酸素運動でも脂肪を燃やす効果はあったのですが、どうも多くの人の主張に違和感があったので、思うところを話したいと思います。

 

160221yuusansoundou

 

 

20分連続して有酸素運動をすればご褒美がでる!

スタップ細胞はあるかどうかは結局わかりませんが、有酸素運動はたとえ5分でも10分でも運動さえすれば効果はあります。

 

なので、それを過剰反応して「20分連続して有酸素運動をしなくても構わない」的なノリになっているのですが、

 

20分連続して有酸素運動をできるのであれば、やるに越したことはないのです。

 

 

20分継続して有酸素運動をすると起こること

確かに少しでも時間にかかわらず、有酸素運動をすれば脂肪を燃やす効果があります。

 

ところが20分までは、脂肪燃焼の効果はあくまでも比例的です。

 

まあむしろ比例的なんだから、やればやった分だけ報われるということなんですが、20分を超えて有酸素運動を継続した当たりからあることが起こるんです。

 

そのあることとは・・・

 

ATPというエネルギー物質が枯渇してくるということです。

 

ATPが枯渇してくるに従って、筋肉の細胞内で体脂肪をエネルギーに変える細胞であるミトコンドリアや、体脂肪の分解酵素たるホルモン感受性リパーゼが活性化し始めるのです。

 

このような相乗効果っていうか、比例的な動きから外れたボーナス的なものはある程度継続して有酸素運動を行った後に起こってくるのです。

 

なので出来るのであれば連続して20分を確保したいところです。

 

ただ、たとえ20分に達しなくてもやったほうがいいことは間違えありません。

 

あくまでも時間が取れるならという意味です。

 

週末などにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに時間はできるだけ長い方がダイエットの効果が出やすいのですが、反対にペース(運動強度)はできるだけ遅いほうが効果がでます。

 

理由は体脂肪の分解を促進するアドレナリンが、休み休み有酸素運動をすることによりアクセルを踏むかのごとく体脂肪を燃やしてくれるからなんです。

 

なので有酸素運動をしていて、「やや辛い」状態から「辛い状態」に移行しそうな時には、走る足を止めて、だらだらと歩くことをオススメします!

 

いわゆるスロージョギングで連続20分を達成しましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク
カテゴリー