ホーム » 生活習慣病 » メタボリックシンドロームの原因からひも解く食事法

メタボリックシンドロームの原因からひも解く食事法


スポンサードリンク

 

メタボリックシンドロームの指針が発表されて久しいですが、すっかりメタボという言葉自体は浸透しましたよね。

 

一時期、ものすごいメタボ解消ブームでしたが、この記事を書いている現在は少し収まりを見せたような気がします。今考えるとダイエット・医療業界にお金を落とす仕組みだったのかとさえ思えてしまうのは私だけでしょうか?

 

まあそう言っても普通の人が太っていていいことはほとんど無いですからね。

 

ということで、今日はメタボリックシンドロームにはどのような食事がいいのか?またそれはダイエット食とは違うのかについて、メタボリックシンドロームの原因をヒントに考えてみたいと思います!

 

151212taijyuukei

 

 

メタボリックシンドロームの原因と判定基準

メタボリックシンドロームは通称メタボと言われますが、そもそもメタボリックシンドロームの原因は何なんでしょうか?

 

よく言われるのが生活習慣ですよね。タバコ、お酒、睡眠不足、そして個人的にはストレスも悪いと思います。

 

「ストレス食い」とかいう言葉もある通り、ストレス過多の生活は食習慣の乱れとなったり、ストレスがかかると血圧が上がるなんて言う話もあるようですから。

 

それらが原因で、男性はウエスト85cm、女性は90cmを超え、高血圧、脂質代謝異常、高血糖のうち2つ以上に当てはまるとメタボリックシンドロームと判定されます。

 

メタボリックシンドロームの指針が発表されてからは、基準が厳しすぎるなんて言う批判も出ましたが、まあ肥満に関しては太りすぎていていい理由はないと思うのでウエイトロスをしていくのが妥当でしょう。

 

※モテボディを目指す私たちはむしろ必須です!

 

そしてウエイトロスに効果があるうちの一つが食事を変えることだということなわけです。

 

 

メタボリックシンドロームとダイエットに効く食事は一緒?

ではメタボリックシンドロームに効果的な食事とはどんなものかですが、結論からいえば

 

ダイエット食とほぼ同じ

 

でいいです。理由はメタボリックシンドロームの症状である内臓脂肪型肥満を解消していくことがメタボ克服の条件だからです。

 

中でも内臓脂肪型肥満を解消するためには糖質制限食がおススメです。特に高血糖の場合には糖質制限をしっかりとしたルールを守った上で取り入れるのが効果的でしょう。

 

ただし注意点もあります。それは急激な食事制限は絶対にしないこと。そして肥満の他の要素、すなわち高血圧、脂質代謝異常、高血糖のうちどの疾患が主なものかによっても注意する必要があります。

 

糖質制限ダイエットは、糖質を制限するほかは、タンパク質と脂質はいくらでも摂っていいと言われていますが、例えば脂質代謝異常が見られるのに脂質を無制限に摂取するのは現実的ではないでしょう。

 

 

その他の対策

以上が、メタボリックシンドロームに効く食事についてのお話でしたが、その他にも適度な運動良質な睡眠を心がける他、我ら中年にとっては仕事や家庭問題から受けるストレスを解消していくことなどが必要です。

 

メタボリックシンドロームの克服に有効なのは糖質制限食を続けることではなくて食習慣、さらに言えば生活習慣そのものを変えることが本質的な解決策ですので、メタボリックシンドロームを克服することは未来への投資だと思って手遅れにならないうちに真剣に向き合いましょう!

 

メタボ克服がコンプレックスの克服にもなりますように。自戒もこめて。

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク
カテゴリー