ホーム » ダイエット » ゆるい糖質制限から始めるダイエットが一番成功率が高いって本当?

ゆるい糖質制限から始めるダイエットが一番成功率が高いって本当?


スポンサードリンク

 

糖質制限ダイエットを始める時に気になるのが「どのくらい糖質を制限すればいいのか?」ということではないでしょうか?

 

糖質摂取を今までの半分にしようとか、いや3分の1くらいは制限しないと効果がないだろうとか、はたまた一気に糖質の摂取量をゼロにしたほうがいいんじゃないか。

 

などなど悩むと思いますし、いろんなところで情報が錯綜しています。

 

でも私のオススメはこれです。

 

ゆるい糖質制限

 

ゆる~く糖質制限をしていったほうが、長い目で見た時には断然有利ですし一番ダイエットにも成功しやすいのです。

 

151226toushitsu

 

 

なぜゆるい糖質制限がダイエットに成功しやすいのか?

ではなぜゆるい糖質制限が長い目で見るとダイエットに有利なのでしょうか?

 

まず「長い目で見て有利」の意味には2つあります。

 

リバウンドしにくい

糖質は栄養素の中でも一番血糖値を上げやすいものです。なので血糖値を上げることにより体の隅々にまでエネルギーが行き渡り、体を動かしたり物を考えたりすることが出来るわけです。

 

ところが、血液中の糖分が消費されないと脂肪として吸収されてしまいます。これがいわゆる肥満です。中性脂肪と言い換えてもいいでしょう。

 

その際、血糖値を下げることによって脂肪を作る役目を果たすのがインスリンというホルモンです。

 

糖質を摂取するとこのインスリンが分泌されるので肥満ホルモンとも言われていますね。

 

肥満防止からすると悪しきホルモンですが、それでも血糖値を下げなければ糖尿病になってしまうので仕方がありません。

 

なのでカロリーを制限するよりも肥満ホルモン分泌の原因である糖質を制限したほうがいいというのが糖質制限ダイエットです。

 

かと言って、今まで糖質を制限なく摂取していた人が突然カットしだしたらどうなるでしょうか?

 

答えは、禁断症状がおこります。その結果、体がだるくなりダイエットが嫌になってきます。それでも一度覚悟を決めたのですから1~2ヶ月は持つでしょうが、せいぜい持って3ヶ月。そこでゲームオーバー。

 

糖質制限をやめてから待っているのは・・・

 

怖い怖いリバウンド!糖質を制限している間、体は飢餓状態になり、糖質の制限を終えた途端に体は過剰なまでに糖を脂肪に吸収し始めるからです。

 

最初から、ゆるい糖質制限でダイエットを始めていれば体の怠さも最小限に抑えられますし、最悪ダイエットに失敗してもリバウンドはひどくなりません

 

糖質制限自体が健康体質を作る

人が白米や小麦のような精製されたものを食べ始めてから、たかだか1万年と言われています。これは40万年の人類の歴史からしたら微々たるものです。

 

なので精製された糖質の摂取は人間には理想的ではないという説があります。

 

また精製された糖質はGI値(グリセリックインデックス)が高いものが多いです。GI値が高いほど血糖値が上がるスピードが早いので余分に肥満ホルモンであるインスリンを分泌しやすくなり、肥満に繋がるというわけです。

 

で、たしかに急激な糖質制限に成功できるに越したことはないのですが、人が何か習慣を身につけようと思ったらやっぱりジワジワと進めたほうが成果が得られやすいわけですね。

 

そこでオススメなのが、ゆるい糖質制限というわけです。

 

とにかく徐々に糖質依存体質からの脱却を図ることが、最終的にはダイエット成果を得られやすいということがなんとなくわかって頂けましたでしょうか?

 

 

ゆるいって具体的にはどのくらい?

ゆるい糖質制限と一口に言っても具体的にはどのくらい制限したらいいのか悩みますよね。

 

例えば、厚労省のデータではエネルギーのうち炭水化物(糖質+食物繊維)からえるものは60%位を推奨しています。実際の数値もそれに近いくらいかなと思います。

 

ということは60%以上だと本末転倒になるのはすぐにわかると思います。

 

かと言って「具体的に現在摂取している糖質が何グラムなので、ゆるい糖質制限で何グラムまでならOKだな」なんて毎食計算するのも面倒。

 

ゆるい糖質制限は糖質量だけではなくて方法もゆるくなくてはいけません(笑)

 

ということで私がオススメするのがこの2つです。

 

  1. 主食で食べている炭水化物を一定量減らしてみる
  2. 間食で摂取している糖質を減らすかなくしてみる

 

一定量は人それぞれの目標でいいと思いますが、2割くらいでいいのではないでしょうか。5割だと多すぎてゆるいとはいえないと思います。

 

 

糖質を抑える食生活で人生も変わる?

なにせ糖質を抑えた食生活にするということは人間本来の食生活に戻すことでもあります。

 

現代人はとかく糖質を過剰に摂取していると言われています。

 

以前にも『低糖質ダイエットのやり方を学ぶということは人生を変えるということ』なんていう記事を書きましたが、本当にそうだと思います。

 

半年でもいいので、何割か糖質の摂取量を減らしてみて、ダイエットのみならず人生の質が変わったなと思える効果を体感してみてはいかがでしょうか?

 

ゆるい糖質制限ダイエットはおススメです!

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク
カテゴリー