ホーム » ダイエット » 40代のダイエットでウォーキングがジョギングよりも有利な理由とは?

40代のダイエットでウォーキングがジョギングよりも有利な理由とは?


スポンサードリンク

 

ウォーキングのほうがジョギングよりも有利な理由とか言っておいて突然のどんでん返しですが、結論から言うと本当はウォーキングよりもジョギングのほうがダイエット効果は高いです(汗)

 

なので究極的にはダイエット目的であれば、いずれジョギングに移行することをおすすめしますが、それでも40代以上のダイエットの場合、ジョギングよりもウォーキングから始めたほうが安全なんですね。

 

その理由をお伝えすると同時に、出来るだけ痩せる歩き方につていても考えていきたいと思います。

 

160419walking

 

 

ジョギングのデメリットを考えてみる

とは言っても、なんでウォーキングよりもジョギングのほうがいいんだと、納得いかないかもしれませんので、逆にジョギングのデメリットの方からお伝えします。

 

ひと言で言えば、「衝撃」です。

 

その前に、ウォーキングとジョギングってどう違うと思いますか?

 

単純に考えると速さなんですが、それだと不正解ですね。

 

だって我々のジョギングよりも、競技の徒競走のほうが明らかに早いですから(笑)

 

それでは何が違うか?

 

ジョギングやランニングには地面から両足が離れる瞬間があるのに対して、ウォーキングは両足が同時に地面から離れることはないんですね。

 

なので、ジョギングは両足が地面から離れて片足を着地する時にものすごい衝撃がかかります。

 

どれくらいかかるかというと、体重の3です。

 

私の最高体重が78kgでしたから、実にその頃走っていたら片足に234kgの衝撃がかかったわけですわ。

 

234kgを片足で支えるって・・・

 

想像しただけでもちょっと怖いです。

 

もっとも現在も72kgあるので衝撃は216kgなんですけどね(笑)

 

それでもその頃走るのと比べると格段に違うことがあります。

 

これはウォーキングの効用に関わってきますので、最後にお伝えします。

 

 

痩せるウォーキングの方法

ということで、ウォーキングのほうが最初は安全なことは感覚的にもわかると思いますが、それでは歩き方に痩せやすいとか痩せにくいとかがあるのでしょうか?

 

これはあります。

 

ゆったりと歩く(3.6km/h)、早めに歩く(6km/h)、小走りする(8.4km/h)の3段階でみていきますが、それぞれ1時間に消費するカロリーは、150~200キロカロリー、300~400500~750ということで、早く歩けば歩くほど痩せやすいということがわかります。

 

ただし、あまりにもハーハーした状態では、今後は体脂肪の燃焼効率が下がってくるので、少しだけ息が上がるくらいがちょうどいいと言われていますね。

 

ウォーキングを重ねることにより、早く歩いても少しずつ息が上がるスピードが変わってきますので、それが上達の楽しみだったりしますよ~

 

ということでダイエットのためには、軽く息が弾む状態で、なおかつ出来るだけ早く歩くのが効果的だということがわかったと思いますが、実は早足でウォーキングをすることは、単にダイエット効果だけではないのです。

 

 

早く歩くことの効用

ゆったりと歩いても、それなりのカロリーは消費しますが、筋肉は付きません。

 

ところがウォーキングのスピードを上げる事によって、筋肉が付いてくるのです。

 

また長い距離や時間をウォーキングすることにより、当然持久力もついてきますよね。

 

この、「筋肉」と「持久力」がつくことによって何が変わるって疲れにくくなるんですよね。

 

これって私達40代にとっては結構、大きくないですか?

 

歩き始める前までは仕事柄パソコンをリュックに入れて駅まで14分歩くと、ふーふー言ってました。

それが歩き始めてからは、疲れ方が全然違うんですよ。

 

なので、慣れてきたら少しずつ距離と速さを伸ばしていくことをおすすめします!

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク
カテゴリー