ホーム » コンプレックス » 40代になって解決された悩みと解決されない悩み

40代になって解決された悩みと解決されない悩み


スポンサードリンク

 

40代にもなれば誰しも一つや二つの悩みは抱えているものでしょう。ちなみに私は細かいものも入れれば二桁くらい悩みはありますが(笑)

 

とはいえ、その中にも30代、というかさらに言えば青年期の頃からずっと悩みが継続しているもの、40代になってから新たに増えたもの。

 

はたまた40代になって悩みが解消してしまったものもあります。

 

そんなセンチメンタルなコンプレックスを振り返ってみたいと思います。

 

ということで今日のブログはあなたの役に立つというよりは、お互いに傷を舐めあって痛みを分かちあおう的な後ろ向きなものですのでご注意ください。

 

 

151209nayami

 

 

この悩みっていつになったら解決してくれるんだろう

嫌な話から先にしたほうがいいですかね。まずは以前からの悩みで40代を迎えても未だ解決していないものから。

 

結婚

これは私なんかよりももっと真剣に悩んでいる人も多いと思います。私の場合はそれほど深刻な悩みではないですね。女性だと出産の問題があるので少し深い悩みになるかもしれません。

 

で、特に40歳を迎える頃から恋愛のフィールドを海外に移してますので、ある程度の経済力さえあればいつでも結婚できるかななんて考えちゃってます。

 

やっぱり一度は結婚を経験してみたいですからね。

 

母の面倒

結婚にも密接に関連してくるんですが、私は長男で父はすでに他界しています。なので必然的に母の面倒をみる必要があります。(唯一の兄弟である弟はすでに結婚していますし)

 

そうすると完全に自由には行動できませんよね。

 

それにただでさえコンプレックスの塊のような私ですから母と同居希望だと簡単に日本人のお嫁さんも見つけられないでしょう。

 

実はこの記事を書いている段階で来年フィリピンに移住をしようと目論んでます。でもそんな事情があるので移住というよりはロングステイということになるでしょう。日本と行ったり来たりですね。

 

でも母の面倒を見るのは当然だと思ってますし、その役割を放棄することは絶対に無いです。

 

健康系(メタボ、高血圧など)

実は振り返ってみると20代の頃から血圧が高かったんですよ。土木の仕事をやっていた時に現場初日に血圧測定があるのですがいつも恐怖でした。

 

当時は弱いくせに酒も飲んでいましたし、20代半ばまではタバコも吸ってましたしね。不摂生がたたってか現在は決して健康とは言えないと思います。

 

特に健康に気をつけ始めたのは30代半ばくらいからです。父が肝臓を患ってなくなっているせいか遺伝でγ-gdpとかいう数値も昔から比較的高かったですが、余計にだるくなったりしてきたのです。

 

半分ギャグみたいに「モテボディを作って男のコンプレックスを克服する!」みたいにブログを書いてますが、モテボディは作りたいですが、適切な運動、食事、睡眠を心がけて健康になりたいという気持ちも多分にあります!

 

まあ、以前から抱えていた悩みで解決されていないのはこのくらいですかね。

 

 

40歳を過ぎてググーンと身近になった悩みと不安

次も嫌な話です。40代になって新たに生じた悩みについてお話します。

 

これは細かいお話をするよりもひと言。

 

【将来に対する漠然とした不安】

 

です。

 

お金、仕事、このあたりの話が40歳を過ぎてからグググーンと現実味を帯びてきたんです。

 

私はいま個人事業主としてライターとWEB系のコンサルタントをやっています。現在、一応食べていけるくらいの収入はあるのですが、当然なんの保証もありません。

 

ぶっちゃけ年金も満足に払っていないです。どうやら元の最低支給要件の25年はクリアできるのでゼロということはないですが。。。

 

ちなみに今後は10年納付で幾ばくかの年金は貰えるようですね???

 

そんな中でもフィリピン移住を考えているなんてもしかしたら移住じゃなくて逃亡?笑えない

 

あと何も準備せずに独立しちゃったもので独立2年目くらいは日雇いのバイトなんかもやったんです。ガテン系のやつ。

 

そうしたら案外体動かなかったですね。体力だけは自信あったんだけど、今になって当時の先輩の話を思い出しました。

 

「今はいいけど後々を考えると現場監督のほうがいいよ」

 

土木の現場で働いていた時の話ですね。ブランクがあるとキツイんですよね。しかも寒いの嫌いなので冬の建設現場は地獄。。。

 

 

半ば開き直りで悩みが解決しました

と一気に暗くなりましたが、中には30代くらいまでは結構悩んでいたけど40代になったら悩みとは呼べなくなったものがあります。

こちらもひとことで言ってしまいますが、

 

【自分でコントロール出来ないと気づいたもの】

 

いくら解消しようとしても、「もうどうにもならないだろ~」と思ったものに関しては全く悩まなくなりました。

 

身長

私は165cmと男性にしては低いです。正直、身長に一番悩んでいたのは高校生くらいの時ですね。なんかわけの分からない○○式とかいう器具も買ったこともあります。

 

今考えると微妙な値段でしたね。1万円くらい。高校生が親に相談せずに買えるか買えないかくらいの。。。

 

社会人なら10万円くらいで売れそうですが、すでに20代になると身長はどうにかして伸びるものだと信じる人がいなくなるのでしょう(笑)

 

30代も終盤になると同年代の女性が結婚相手に求めていることは性格とか経済力だと気づきました。あとは清潔感とかファッション、そして体型かな?

 

女性も下手にルックスがいい男性よりも将来にわたって幸せにしてくれそうな男性を選ぶんでしょう。(と思います)

 

そう考えたらあまり身長を気にすることはなくなりましたね。

 

吃音(どもり)

どもりグセについては年齢というよりもあるものに出会ってから悩みが解消されました。

 

それはライティングです。今ライターという職業をやってますが、そのきっかけがコピーライティングというものを勉強しだしてからなんです。

 

「話してダメなら書いてやれ!」みたいな前向きな精神で書くことでお金をいただくようになってからはどもりをコンプレックスと感じなくなってきたんです。

 

そして驚くことに、ストーリー展開を意識して文章を書いているうちになぜかどもりもひどくなくなってきたんですよね。

 

おそらくなんですが、常に頭のなかで文章を組み立てる習慣が身についたんで、言葉を発し急ぐことが無くなったのではないかと・・・

 

これは若干年齢によるものとは違うかもしれませんが、40代になって解決した悩みの一つです。

 

 

やっぱ前向きが一番という結論に

このように40代になって解決した悩み、解決しない悩み。はたまた40代になって悩みが増長されたものなどいろいろありますが、大切なのはやっぱり常に前向きでいることかなと思います。

 

だって普段からしかめっ面ばかりしている人には人は寄ってこないですからね。人さえ寄ってくれば誰かが助けてくれたり応援してくれるものです。(私はそうです)

 

かくいう私の悩みは主に金銭面での将来への不安でしたが、今やっているビジネスが軌道に乗ると少しは不安も解消されるので成功することをひたすら信じて前向きに取り組んで行きたいと思います!

 

もちろんモテボディを作ることを怠らずに(笑)

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク
カテゴリー