ホーム » ニュース » 若い女性を中心に大流行しているでぶ活の意味と気になる手口とは?

若い女性を中心に大流行しているでぶ活の意味と気になる手口とは?


スポンサードリンク

 

基本このブログは40代以上の男性のボディメイクをいかに効率よく・・・ではなくて、いかに怪我をせずに実現できるかについて書いていってます。

 

なので、基本的にはどちらかと言えば痩せるほうを目指した方面の記事をシェアしているわけですが、ちょっとネットで気になるでぶ活」という単語を発見してしまったので調べてみました。

 

普段は100%男性向けの記事ですが、どうやらでぶ活の主役は女性のようですね。

 

ということで、まずはでぶ活の意味からシェアしていきましょう!

 

160628sweeets

 

 

でぶ活の意味は文字通り(笑)

でぶ活とは、ひとことで言えば、好きな食べ物を好きなだけ我慢せずに食べることです。

 

元はといえば、食欲をコントロールできずに食べ過ぎてしまうという、どちらかと言えばネガティブで自嘲気味な意味で使われていたようですが、いつしか「食べたいなら食べちゃえよ!」的なのりになっていったようです。

 

男性も女性もそうだと思いますが、食べたり飲んだりすることって、かなりストレス発散になると思います。

 

ついこの間もせっかくお洒落なフレンチレストランでコースを食べたあと、居酒屋に寄って軽くつまみ、仲間と解散したあとの仕上げになんと肉野菜炒め定食を食べてしまった。

 

なんていう経験をしてしまいました(汗)まあでも食べてる時はスッキリですよ!ただ翌日が恐怖・・・

 

せっかくドカ食いでストレス発散したのに後悔してはもったいない!

 

ってことで、今では食べ過ぎてしまうことへの罪悪感を消すためにポジティブ思考で食べることの言い訳、いや理由付けに使われているようですね。

 

私にはトレーナーの知り合いが沢山いますが、明らかにダイエットが必要ないのに痩せたいという人も居るらしいので、罪悪感なしに食べる機会を作ることはいいことだと思いますね。

 

また、でぶ活の意味は結構広く、でぶ活の手口そのものを指す場合もあるようです。

 

ということで、最後にでぶ活にはどんな種類があるのかをシェアします。

 

 

でぶ活の5つの手口

基本的にルールはなくて、とにかくたくさん食べればいいわけです(笑)

 

なので、あまり手口といっても珍しい物はないですが、一応リサーチの結果を・・・

 

食べ放題型

食べ放題に行くことをでぶ活と呼ぶ場合もあるほどポピュラーなでぶ活です。

 

食べ放題と一口に言っても種類は多いですからね。スイーツでぶ活、焼き肉でぶ活などと名前を付けてはでぶ活動に励む姿は、ただ食べたいだけの口実ですね(笑)

 

集団型

文字通り、仲間と楽しみながら食べる口実を作るためのでぶ活です。

 

ちょっと前に、女子会なるものが流行りましたが、遊びの一種ですよね。

 

私は女性がガツガツ食う感じでもあまり気にしない方ですが、それでもあからさまに野獣のようにガシガシ会話もせずに食べる姿をみたらさすがに引かないという約束は出来ません。

 

なので、万が一のために、男性の前ではいわゆるお上品な食べ方をして美味しいものもおいしく感じなかったりもしているかもしれません。

 

それが女子だけなら心置きなく食べられますからね。

 

精神安定上、非常にいいと思います。

 

記念日型

何かの記念日にかこつけて食べてしまうでぶ活です。

 

非常にわかりやすいですよね。誕生日でもなんでも大丈夫です。

 

ご褒美型

これもわかりやすいですね。

 

何かを達成した時や、大きな仕事に一区切りつけた時、もしくは難しい問題を解決した時など、男性なら「それじゃ飲み行くか!?」と叫びたくなる時のでぶ活版です。

 

SNSシェア型

これは、上記のものとは少し毛色が違いますが、要はでぶ活をインスタグラム(Instagram)やTwitterFacebookなどの公の場にシェアしてしまおうというものです。

 

人間に知ってもらいたくなる時の心境としては、自分が楽しい時、ブランディングする時などがあります。

 

自分が楽しい時は、まあ普通ですよね。

 

でぶ活の場合の特徴的なのは後者。つまり、いくらでぶ活でガンガン食べていても女を捨てたくないという心理なのか、可愛く写真を撮ったりして、決してやけにはなっていない!ということを人にアピールしたり、自分自身に言い聞かせるためにやっている心理が働いているのかなと思います。

 

女子はやっぱり基本カワイイ方がいいですから(笑)

 

健全なでぶ活は推奨

以上、私なりにでぶ活なるものを調べてみましたが、回数を決めて、あくまでもセルフコントロールしながらやるのであればいいと思いますね。

 

ポイントはたくさん食べてしまったことに嫌悪感を感じないことだと思います。

 

そのためには、普段はしっかりと健康管理をしておくことが必要ではあるでしょう。

 

とはいえ、20代の女子などはまだそれほど意識しなくても大丈夫かもしれません。

 

むしろ痩せすぎてる女子も多いと思いますので。

 

痩せすぎている女子は逆に適切な筋トレと同時に行えば、美ボディを作るチャンスだと思いますので、ぜひ運動と一緒に楽しんでみるといいのかなと。。。

 

40代男性のでぶ活は、月2回位までが限界かなと個人的には思います。

 

もちろん、ガッチリと筋トレをしている場合には、週1くらいででぶ活しても悪くはないと思いますが・・・

 

結局、ボディメイクのキーワードは「セルフコントロール」なのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク
カテゴリー