ホーム » ダイエット » 40代男性がダイエットするときの3つの注意点とは?

40代男性がダイエットするときの3つの注意点とは?


スポンサードリンク

 

40代男性がダイエットするときの注意点を3つシェアしたいと思います!

 

私には様々なコンプレックスがあるわけですが、その中で一番克服したいと思ったのは実は高血圧なんです。

 

コンプレックスの一つであるもある吃音のクセはあるものの、会話自体はそれほど苦手な方ではありません。

 

なのであることさえ克服できればどうにか女性との関係もうまくいくんじゃないかと考えるわけです。

 

そのあることをここでお伝えできなのが残念なのですが、その「あること」の最大の原因と思えたのが高血圧でした。それでは高血圧を改善するにはどうすればいいのか?

 

ということで前置きがかなり長くなりましたが、まずは40代の男性が高血圧を改善するには体重を下げなければいけないだろうと・・・

 

そう考えてダイエット(つまりウェイトロス)から優先的にやろうと思ったんですね。

 

でも40代の男がダイエットをするには注意が必要でした。

jog

 

40代男性がダイエットをする場合の前提

若いころのダイエットでは純粋に体重を減らす行動だけをすればいいですよね。一番体重を減らすと考えられているのは

 

有酸素運動+食事法

 

でしょう。

 

でも有酸素運動を闇雲に行おうとしても体重が重いままでは膝痛などの故障が免れません。なのでダイエットを進めるとしても、段階的に強度を上げていく必要があるのは、あなたにも想像ができますよね。

 

なので強度についての詳しいことは、また機会を改めて書こうと思いますが、とにかく無理をせずにスロージョギングどころか最初はウォーキングからはじめましょう。

 

40代になるとカラダの様々なところにガタが来ます。でもこれは当然の話しなので今回の注意点には含めませんでした。

 

それでは、具体的な注意点とはなんでしょう?

 

40代男性がダイエットする際に注意すべき3つのこと

結論からお伝えすれば次の3つです。

 

  • 筋トレも同時に行う
  • ストレッチもメニューに入れる
  • 食事には特に注意する

 

筋トレも同時に行う

筋トレを行い筋肉をつけると基礎代謝があがるという話を聞いたことがあるかもしれません。基礎代謝が上がると太りにくい体になるんですね。なので特に男性のダイエットには筋トレも同時に行うのがおススメです。

 

しかも筋トレを行うと長期的に疲れにくい体つくりができます。確かに私も疲れにくく体になったと思います。   ただし、当然はじめから負荷の高い筋トレはやってはいけません。参考までに私が筋トレを始めた時のメニューです。

 

  • 月曜日腕立て12回×2セット、腹筋15回×2セット
  • 火曜日背筋(タオルを使ったラットプル)10回×2セット、スクワット20回×2セット
  • 木曜日腕立て12回×2セット、腹筋15回×2セット
  • 金曜日背筋(タオルを使ったラットプル)10回×2セット、スクワット20回×2セット

 

と、週に4日ほど筋トレをやっていました。

 

ちなみにですが、筋トレ、特に太ももを鍛えるとテストステロンという男性ホルモンが分泌されるといわれています。テストステロンの分泌は男性としての魅力を増すものですので、その点でも筋トレは有効ですね。

 

ストレッチもメニューに入れる

いくら強度を弱めてダイエットを行っても所詮、40代男性です(汗)少しずつ故障が出てきます。そこではじめから取り入れたいのがストレッチです。

 

私はトレーニング前とトレーニング後にそれぞれ10分くらいかけてストレッチをやっていますが、40代男性といえば忙しい盛りです。5分ずつでもいいのでぜひ行ってくださいね。

 

どんなストレッチを行うかですが、巷では最近動的ストレッチとか静的ストレッチなんて言葉が使われていますが、我々が今の段階で行うストレッチは、すべて、筋を伸ばして筋肉を弛緩させる「静的ストレッチ」で大丈夫です。

 

筋トレ前にやるなら動的ストレッチのほうが筋トレの効果が上がると言われてますが、この段階では、いかにして筋肉を傷めないかを考えましょう。   首、腕、脇腹、腰、脚の筋を一通り伸ばします。

 

食事には特に注意する

最後が食事についてです。

 

ダイエットにおける食事の重要性は高く、最近ではダイエットの効果に関連するのは運動1割の食事が9割とまで言っている人もいます。

 

ところが40代男性にとっては、この食事管理は非常に難しいですよね。

 

第一に付き合いなどでどうしても食事量と内容の制御が難しいです。飲みに行ったりすれば仕事の話になりがちなので、どうしてもストレス発散とばかりに、ダイエットのことなどどうでもよくなってしまいます。

 

そこをうまくコントロールできてこそダイエットの成功が見えてきますので、ぜひセルフコントロールできるようになりましょう!

 

私は日曜日は何を食べてもいいなど、あまりガチガチにやるのではなく、少し逃げ道を作ってやってましたね。

 

そうそう、糖質を制限するダイエットですが、あれは非常に効果ありです。糖質をまったく摂取させてくれないというのは最近話題の「2ヶ月でマイナス15kg!」的なジムの方法ですが、我々がそこまで徹底した食事制限をした場合、怖いのはリバウンドです。

 

なので、糖質は少しずつ減らして行くことを意識すれば十分だと思います。最終的に今の量の半分くらいに糖質を減らせれば、間違いなく少しずつ体重は減っていきます。

 

と、ここまではダイエットで注意すべき食事の量と質についてお話してきましたが、最後は時間です。

 

時間や回数については諸説ありますが、私が一番重要だと考えるのは夜間食べないこと。具体的には夜の10時(22時)から朝まで。なぜなら成長ホルモンの分泌の関係で夜間の食料摂取は太りやすいからなんです。

 

深夜は食べない。これはぜひ意識したいところです。さらに言えば、食べるのは就寝3時間前までというのも守れれば完璧です!胃の中をある程度、空に近い状態にして眠るのはダイエット面だけでなく、胃腸を休ませる意味でも有効なんですよね。

 

いかがでしたでしょうか?

 

40代男性がダイエットする際に注意すべき3つのこと。

 

  • 筋トレも同時に行う
  • ストレッチもメニューに入れる
  • 食事には特に注意する

 

この3つを、ぜひ意識して40代男性のコンプレックス克服を果たしましょう!

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク
カテゴリー