ホーム » ダイエット » ダイエットで毎日ウォーキングするなら40分が最適だと思う理由

ダイエットで毎日ウォーキングするなら40分が最適だと思う理由


スポンサードリンク

 

ダイエットにはウォーキングがいいとかジョギングがいいとかいろんな事が言われますが、その2つで比べたら脂肪燃焼効果が高いのはやっぱりジョギングです。

 

とはいえ、私みたいに40代になって少し重い状態からいきなりジョギングを始めるのは極めて危険です。

 

なので、私はある程度体重が減るまでは、ウォーキングから始めることをおすすめしています。

 

そこで問題となるのが一体どのくらいの時間歩くのが効果的なのか???

 

という問題ですが、そりゃ長ければ長いほど効果はあがりますよ。

 

でも現実的には毎日となると1時間が限界ですよね、体力的にも可処分時間的にも。。。

 

と考えた時、それでも最初はウォーキングするなら40分くらいがいいなと感じたので、理由というか感想をシェアしたいと思います。

 

160503walking

 

 

効果と使える時間との狭間で

長い方から考えてみると、例えば1時間歩くとなると、実際には準備運動やらストレッチをやると1時間半くらいになってしまうんですよね。

 

マジメにすべてをやろうと思う人は特に時間がかかると思います。

 

私みたいに個人事業主でやっていればまだ多少はいいかなと思いますが、通勤が1時間を超える人達はウォーキングにかけられる時間は限られていると思います。

 

なのでちょっとしたストレッチとかも含めて合計1時間くらいになるのが40分程度かなと考えたわけですね。

 

しかも歩いてみるとわかりますが、仕事の前とかあとにガッチリと1時間毎日歩くのは結構骨が折れます。

 

体力的にも歩き出した当初は1時間は長いと思いますね。

 

では少なくすればいいのかというと、あまり短いのもいまいち効果が現れにくいです。

 

昔は最低でも20分は連続して有酸素運動を行わないと効果がないなんて言われてましたが、これは今では否定されています。

 

1回のウォーキングが短時間であろうと、一応ダイエット効果があるわけです。

 

それでも集中して歩くためには最低でも20分は歩きたいかと思います。

 

ただ、これも歩いてみるとわかるのですが、20分だとちょうど気分が乗ったところで終わっちゃうんですよ。

 

歩くのって実際にはダイエットだけじゃないと私は考えています。

 

特にクリエイト系や、企画系の仕事をされている方は、歩いているとバンバン新しいアイディアが浮かんで来ると思いますよ。

 

少なくとも私はそうなんです。

 

普段は結構音声教材を聞きながらウォーキングをしていたりするのですが、耳から入ってくる情報がそのまま思考を回転させて、オリジナルなアイディアがバンバン出てくるんですよね。

 

アイディアが湧いてきすぎて音声教材とは全く違う方向のことを考えていることもしばしばです(笑)

 

そんな状態というのは、やっぱり20分を過ぎた頃になってくるんですね。

 

なのでウォーキングをするなら40分くらいがベストかなと思うわけです。

 

 

一歩先ゆく40分ウォーキング

最後に私がやっている40分間ウォーキング法をご紹介したいと思います。

 

とは言っても全く難しい物じゃありません。

 

歩くと40分間必要な距離を有意義にトレーニングする方法です。

 

それはインターバルでウォーキングとジョギングを繰り返すこと。

 

もしくは最初ジョギングしてウォーキングでも構いません。

 

要はダイエット効果を上げるための方法です。

 

有酸素運動で脂肪燃焼効果が高い運動方法といえば次のような関係になります。

 

ゆっくり走る早く歩く>ゆっくり歩く

 

なので最終的にはゆっくり走るのがベストなのですが、最初にも言ったとおりに40代にもなっていきなりジョギングというのはおすすめしません。

 

なので最初は全工程ウォーキングで始めればいいと思うのです。

 

歩いていると筋力や持久力が少しずつついてきますから、その状況によってジョギングする距離を少しずつ伸ばしていくとダイエット効果がどんどん高まっていくというわけです。

 

距離を変えなければ時短にもなりますし、その日の体調によってもウォーキングを多くしたりできるので本当にいいです。

 

まとめると40分ウォーキングは

 

  • 全部で1時間以内に収めたい
  • ある程度減量のスピードも求めたい
  • ダイエット以外の効果も求めたい

 

こんな希望があなたになるのなら非常におすすめです。

 

そして上達度によりジョギングとウォーキングを組み合わせた有酸素運動で、さらにダイエット効果や時短効果を高めていただければと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク
カテゴリー